セミナーアプリ ローソク足と酒田五法

このアプリは現在ストアで閲覧することができません。
価格 2000円
ダウンロード
ジャンルファイナンス
サイズ
164.4MB (ダウンロードにWIFIが必要)
開発者Pan Rolling Inc.
順位
ジャンル別:
---
総合:
---
リリース日2011-02-09 11:03:43
評価 評価が取得できませんでした。
互換性iOS 3.2以降が必要です。
iPhone、iPad および iPod touch 対応。
  • 2022-08-20 このアプリは現在ストアから情報が取得できません。削除された可能性があります。
■アプリが落ちてしまう不具合について

このアプリは動画と多数の資料のファイルを扱っているため多くのメモリを使用します。
もし不具合が発生した場合、一度他のタスクを終了してからもう一度お試しください。
それでも不具合が発生してしまう場合、対応させていただきますので、
お手数をおかけしますが、その旨お知らせください。

●セミナーアプリ for トレーダーズ(Seminar App for Traders)とは

このアプリは、セミナー講演などの動画を見ながら、
講演資料やチャート・財務諸表などを拡大して観ることができます。
移動中や空き時間など、手軽に投資の勉強ができるアプリです。


●本セミナーの内容

白や黒の縦長の長方形、そこから上下に伸びる線。
株価分析において基本となる「ローソク足」は、江戸時代から今日まで脈々と受け継がれています。
「ローソク足」を読み解けば投資家心理が判り、投資家心理が判れば相場の方向性が見えてくるものなのです。
その「ローソク足チャート」分析の真髄が「酒田五法」。
経験則から生み出された、投資家心理を読み解くためのより実践的な分析手法を、分かりやすく解説します。

ローソク足から見つける売り買いのシグナル

「たくり足」:典型的な「底」を表すもの
「首吊り足」:高値圏で出現したもの
「トウバ」:典型的な「底」を表すもの
「上ヒゲ(流れ星)」の長い足:高値圏で出現したもの
「毛抜き底(ダブルボトム)」底値となることが多い
「毛抜き天井」天井となることが多い。
「かぶせ線」 :典型的な「天井」を表すもの
「切り込み線」 :買い転換となることが多い。
「抱きの一本立ち」(包み足):安値圏で出現したもの
「最後の抱き線」(包み足):高値圏で出現したもの
「孕み足」:気迷い線、「孕みは放れにつけ」
「空(=窓)」:放れた方に付く

酒田五法

三山:「三山(三尊)天井」
逆三山:「逆三山(逆三尊)底」
三川:「三川宵の明星・宵の十字星」
三川:「三川明けの明星・明けの十字星」
三兵:「赤三兵」
三兵:「黒三兵=三羽烏」
三空:「三空飛び上げには売り向かえ」
三空:「三空叩き込みには買い向かえ」
三法:「上げ三法」
三法:「下げ三法」


講師:清水洋介(しみずようすけ)
マネックス証券株式会社 投資情報センター チーフストラテジスト慶應義塾大学法学部卒。1983年に大和證券に入社、以来、外資系証券会社などを経て現在マネックス証券で投資教育や相場解説に携わっている。営業やディーラーの経験を生かし、実践的なテクニカル分析に精通している。日本証券アナリスト協会検定会員、日本テクニカル協会会員。著書に、 『江戸の賢人に学ぶ相場の「極意」』『DVDブック ローソク足と酒田五法』(ともにパンローリング)などがある。

  • 現在ランキング圏外です。
更新日時:2022年8月20日 13時52分
 
ブログパーツ第二弾を公開しました!ホームページでアプリの順位・価格・周辺ランキングをご紹介頂けます。
ブログパーツ第2弾!

アプリの周辺ランキングを表示するブログパーツです。価格・順位共に自動で最新情報に更新されるのでアプリの状態チェックにも最適です。
ランキング圏外の場合でも周辺ランキングの代わりに説明文を表示にするので安心です。

サンプルが気に入りましたら、下に表示されたHTMLタグをそのままページに貼り付けることでご利用頂けます。ただし、一般公開されているページでご使用頂かないと表示されませんのでご注意ください。

幅200px版

幅320px版
 
Now Loading...

「iPhone & iPad アプリランキング」は、最新かつ詳細なアプリ情報をご紹介しているサイトです。 お探しのアプリに出会えるように様々な切り口でページをご用意しております。
メニュー」よりぜひアプリ探しにお役立て下さい。

  コンタクト   プライバシーポリシー

Presents by $$308413110    スマホからのアクセスにはQRコードをご活用ください。 →

Now loading...screenshot
スマートフォン用サイトへ >