私は無実です

このアプリは現在ストアで閲覧することができません。
価格 480円
ダウンロード
ジャンルブック
サイズ
27.0MB
開発者ASAHI Shimbun Publications Inc.
順位
ジャンル別:
---
総合:
---
リリース日2010-12-24 17:00:00
評価 評価が取得できませんでした。
互換性iOS 4.3以降が必要です。
iPhone、iPad および iPod touch 対応。
  • 2021-01-25 このアプリは現在ストアから情報が取得できません。削除された可能性があります。
検察、許すまじ!

この本は、正直言ってあまり売れないかもしれないと思っています。しかし、出版人の良心として、赤字覚悟で、あえて出す決断をしました。
それは、この事件の真相――というより検察の真の姿を一人でも多くの国民に知って欲しいと思ったからです。いや、知らせなければいけないと強く思っているからです。とくに裁判官のみなさんには、ぜひとも読んでいただきたいと考えています。
検察が独自捜査に手を染めると、どんなふうにして“事件”がつくられていくのか。
厚生労働省の局長だった村木厚子さんが逮捕された郵便不正事件が他と際だっているのは、まったく何の事実もないところに「罪」がつくりあげられたことでした。
「東京(地検)が西松建設事件で小沢(一郎代表=当時=)をやれなかったから、大阪で(別の民主党幹部を)やるぞ! そうすれば手柄になる」
とばかりに、“公益性”のカケラもない理由で捜査に着手し、さんざん税金を浪費したあげく結局、何の証拠も見つけられず、このままでは事件が政治家に伸びない、つまり失敗捜査に終わりそうだと見るや、
「政治家がダメなら高級官僚をやるしかないわ!」
と、検察としての体面を保つだけのために、無辜の村木さんがターゲットにされ、彼女を“罪人”にするための調書が、あの手この手を使って、次々ねつ造されていきました。しかも、村木さんが逮捕された理由は、やっていないことを「やっていない」と真実を述べたからでした。
なぜ、こんな信じられないことが起きるのでしょう。
先輩記者たちの話を聞くと、かつての検察はここまでデタラメでなかったと口を揃えます。文字通り「正義の具現者」として輝いていた時期もあったといいます。それがいつからこんなふうに劣化してしまったのか、私にはわかりません。ただ、いまあるこの現実を知って欲しいと思うだけです。
私たちの仕事は歴史を記録することにもあります。今回の捜査を後世の人たちはどう評価するのか。そのことのためにも本書を世に送り出す意義があると感じています。
二〇一〇年八月二〇日
週刊朝日編集長・山口一臣

更新履歴
iOS 7 に対応しました。

※当アプリは今秋に予定されているiOSの次期アップデートに対応する予定はありません。
  • 現在ランキング圏外です。
更新日時:2021年1月25日 17時23分
 
ブログパーツ第二弾を公開しました!ホームページでアプリの順位・価格・周辺ランキングをご紹介頂けます。
ブログパーツ第2弾!

アプリの周辺ランキングを表示するブログパーツです。価格・順位共に自動で最新情報に更新されるのでアプリの状態チェックにも最適です。
ランキング圏外の場合でも周辺ランキングの代わりに説明文を表示にするので安心です。

サンプルが気に入りましたら、下に表示されたHTMLタグをそのままページに貼り付けることでご利用頂けます。ただし、一般公開されているページでご使用頂かないと表示されませんのでご注意ください。

幅200px版

幅320px版
 
Now Loading...

「iPhone & iPad アプリランキング」は、最新かつ詳細なアプリ情報をご紹介しているサイトです。 お探しのアプリに出会えるように様々な切り口でページをご用意しております。
メニュー」よりぜひアプリ探しにお役立て下さい。

  コンタクト   プライバシーポリシー

Presents by $$308413110    スマホからのアクセスにはQRコードをご活用ください。 →

Now loading...screenshot
スマートフォン用サイトへ >