「9係」エピソードゼロ

このアプリは現在ストアで閲覧することができません。
価格 840円
ダウンロード
ジャンルブック
サイズ
213.1KB
開発者TV Asahi Corporation
順位
ジャンル別:
---
総合:
---
リリース日2010-12-02 10:02:01
評価 評価が取得できませんでした。
互換性iOS 3.1以降が必要です。
iPhone、iPad および iPod touch 対応。
  • 2021-09-17 このアプリは現在ストアから情報が取得できません。削除された可能性があります。
テレビ朝日系列 水曜よる9時放送の「新警視庁捜査一課9係」スピンオフ小説・エピソードゼロがついにiPhoneアプリで登場!

個性豊かな9係刑事たちのサイドストーリーは、
ドラマ「9係」脚本担当:波多野都氏による、電子書籍版だけの完全オリジナルシナリオ!
ここでしか読めないエピソードで、「9係」ワールドの新たな魅力に浸ろう!

■収録タイトル
Chapter.1『加納倫太郎9係長誕生』
Chapter.2『9係最初の部下・青柳靖』
Chapter.3『村瀬健吾9係主任の誕生秘話』
Chapter.4『小宮山志保、決断の日』
Chapter.5『鑑識・矢沢英明、9係へ』
Chapter.6『9係最後のメンバー・浅輪直樹』

■本文抜粋
Chapter.1『加納倫太郎9係長誕生』

それは2004年の冬、東京に記録的な雪が積もったある朝のことだった。
加納倫太郎は、刑事部長・是枝正志に呼び出され、刑事部長室にいた。
是枝はカレンダーに印刷された「平成16年」の「16」の部分を、指先で軽く叩きながらつぶやいた。

「あれから、もう16年も経つのか」

倫太郎は是枝が何のことを言っているのか、すぐに理解した。


平成元年2月24日――
1月に崩御した昭和天皇の大喪の礼により日本中が悲しみに染まっていた、あの日。

新宿の貴金属店での強盗殺人事件を追っていた警察は、容疑者として赤岩晴彦をあぶり出し、逮捕した。
しかし、赤岩は「自分は潔白だ」と主張した。
自らを「平成岩窟王」と名乗り、マスコミを味方につけた赤岩に世間は同情し、人々はこぞって警察を批判した。

その批判の矢面に立ったのが、当時、捜査の陣頭指揮を執っていた新宿中央署の加納倫太郎だった。
そこで、ほとぼりが冷めるまでという名目で、大島署に配転となった。事実上の左遷である。

赤岩の刑が確定すると倫太郎は警視庁捜査一課へと移った。
栄転のように見えるが、大島署から本庁に引き取ってほしいと苦情が出たのが事実のようである。何があったかは不明。
晴れて本庁に戻った倫太郎だがここでも相変わらずマイペース。捜査は二人組が基本なのだが、倫太郎は相方を全く無視して一人で勝手に捜査をしてしまう。そのため誰もが倫太郎と組むのを嫌がり、居場所がなくなってしまった。


そんな倫太郎を見かねたのが、警視総監の北田丈晴だった。
赤岩の事件のときの刑事部長だった北田は、倫太郎の手腕を高く評価していた。そこで今回の人事で誰もが驚く決断をしたのだった。

(C)テレビ朝日・東映

  • 現在ランキング圏外です。
更新日時:2021年9月17日 19時33分
 
ブログパーツ第二弾を公開しました!ホームページでアプリの順位・価格・周辺ランキングをご紹介頂けます。
ブログパーツ第2弾!

アプリの周辺ランキングを表示するブログパーツです。価格・順位共に自動で最新情報に更新されるのでアプリの状態チェックにも最適です。
ランキング圏外の場合でも周辺ランキングの代わりに説明文を表示にするので安心です。

サンプルが気に入りましたら、下に表示されたHTMLタグをそのままページに貼り付けることでご利用頂けます。ただし、一般公開されているページでご使用頂かないと表示されませんのでご注意ください。

幅200px版

幅320px版
 
Now Loading...

「iPhone & iPad アプリランキング」は、最新かつ詳細なアプリ情報をご紹介しているサイトです。 お探しのアプリに出会えるように様々な切り口でページをご用意しております。
メニュー」よりぜひアプリ探しにお役立て下さい。

  コンタクト   プライバシーポリシー

Presents by $$308413110    スマホからのアクセスにはQRコードをご活用ください。 →

Now loading...screenshot
スマートフォン用サイトへ >