単独行者(アラインゲンガー)新・加藤文太郎伝

このアプリは現在ストアで閲覧することができません。
価格 2400円
ダウンロード
ジャンルブック
サイズ
13.2MB
開発者Yama-Kei Publishers Co.,Ltd.
順位
ジャンル別:
---
総合:
---
リリース日2010-10-20 16:00:00
評価 評価が取得できませんでした。
互換性iOS 3.0以降が必要です。
iPhone、iPad および iPod touch 対応。
  • 2017-10-24 このアプリは現在ストアから情報が取得できません。削除された可能性があります。
山と溪谷社の本格山岳小説が、電子書籍になって登場しました。
電子書籍版では、特典として、『山と溪谷』誌(山と溪谷社刊行)掲載のルポを収録!


「ひとりで生きる」ということ――。
昭和初期に活躍した伝説の登山家・加藤文太郎の生涯を描く大作山岳小説。

案内人を連れての登山が一般的だった時代に、たったひとり、風雪吹きすさぶ北アルプスを駆け抜けた加藤文太郎。
しかし、彼は決して特別な存在ではありませんでした。自分の行為に悩み、行く先に悩む、普通の男だったのです。
そんな男が、なぜ単独で、なぜ苛烈な雪山を志向したのか。著者は彼の生い立ちを丁寧にたどり、その答えに迫ります。
『山と溪谷』誌2008年4月号~2009年12月号に好評連載された原稿に、大幅加筆訂正。
多くの資料を基に、史実に近い真実の加藤文太郎像が、山岳小説の名手・谷甲州氏によって、現代によみがえりました。

■著者プロフィール
谷甲州(たに・こうしゅう)
1951年兵庫県伊丹市生まれ。
1987年「火星鉄道一九」で星雲賞短編部門受賞、
1994年『終わりなき索敵』で星雲賞長編部門受賞。
1996年新田次郎文学賞を受賞した『白き嶺の男』は、
加藤文太郎をモデルにした本書の姉妹編ともいえる作品。
主な著作に「航空宇宙軍史シリーズ」「覇者の戦塵シリーズ」『パンドラ』『霊峰の門』『遥かなり神々の座』『神々の座を越えて』『遠き雪嶺』など多数。

■加藤文太郎プロフィール
加藤文太郎(かとう・ぶんたろう)
1905年、兵庫県浜坂町生まれ。1923年ごろから山歩きを始め、北アルプスや中国山地を舞台に多くの雪山単独登山を実践。
「生まれながらの単独登山者」と称される。1936年1月、風雪の槍ヶ岳北鎌尾根で遭難死。死後、遺稿集『単独行』が編まれる。
新田次郎氏の『孤高の人』は彼がモデル。

※本書は、株式会社山と溪谷社刊行の『単独行者(アラインゲンガー)新・加藤文太郎伝』(2010年9月発行)のiPad/iPhone版です。
『山と溪谷』誌2004年11月号、2009年3月号の一部抜粋を付録として収録しています。

更新履歴
一部画像を修正いたしました。
  • 現在ランキング圏外です。
更新日時:2017年10月24日 14時53分
 
ブログパーツ第二弾を公開しました!ホームページでアプリの順位・価格・周辺ランキングをご紹介頂けます。
ブログパーツ第2弾!

アプリの周辺ランキングを表示するブログパーツです。価格・順位共に自動で最新情報に更新されるのでアプリの状態チェックにも最適です。
ランキング圏外の場合でも周辺ランキングの代わりに説明文を表示にするので安心です。

サンプルが気に入りましたら、下に表示されたHTMLタグをそのままページに貼り付けることでご利用頂けます。ただし、一般公開されているページでご使用頂かないと表示されませんのでご注意ください。

幅200px版

幅320px版
 
Now Loading...

「iPhone & iPad アプリランキング」は、最新かつ詳細なアプリ情報をご紹介しているサイトです。 お探しのアプリに出会えるように様々な切り口でページをご用意しております。
メニュー」よりぜひアプリ探しにお役立て下さい。

  コンタクト   プライバシーポリシー

Presents by $$308413110    スマホからのアクセスにはQRコードをご活用ください。 →

Now loading...screenshot
→スマホ版はこちらからアクセス!