坂本龍馬の人生訓 童門冬二

このアプリは現在ストアで閲覧することができません。
価格 800円
ダウンロード
ジャンルブック
サイズ
--
開発者PHP Institute,Inc
順位
ジャンル別:
---
総合:
---
リリース日--
評価 評価が取得できませんでした。
互換性iOS 以降が必要です。
iPad 対応。
  • 2017-11-19 このアプリは現在ストアから情報が取得できません。削除された可能性があります。
幕末の混乱した時代を拓くために“第三の道”を模索した男・坂本龍馬。
脱藩から暗殺されるまでの5年間を駆け抜けた龍馬の人間観、世界観、人生観をたどる。

龍馬は土佐の町人郷士の次男として生まれた。
当時の土佐藩は、他藩以上に身分差別の激しい土地柄であった。

同じ侍の中でも上士と呼ばれる層と下士と呼ばれる層には毅然とした差別が存在した。
龍馬の生まれた坂本家は、藩老福岡家の預かりではあったが、あくまでも下士に属する層であった。

龍馬が脱藩して自由な志士になった経過には、こういう差別の手かせ足かせが多かった土佐藩に嫌気がさしていたこともあっただろう。

そして龍馬は脱藩した。

龍馬に魅了された精鋭なる人々と幕末の混乱した時代を拓く新しい鉱脈を求めて“第三の道”を発見する。
行動の人、愛の人、そして人生の師、坂本龍馬の人間学を学ぶ!

【著者】童門冬二
本名、太田久行。1927年(昭和2年)、東京生まれ。
東京都立大学事務長、東京都広報室課長、広報室長、企画調整局長、政策室長を歴任。
1979年(昭和54年)、美濃部都知事の引退とともに都庁を去り、作家活 動に専念。
在職中に培った人間管理と組織の実学を、歴史と重ね合わ せ、小説、ノンフィクションの世界に新境地を拓く。
『暗い川が手を叩 く』で第43回芥川賞候補。日本文藝家協会ならびに日本推理作家協会会 員。1999年(平成11年)、春の叙勲で勲三等瑞宝章を受章。

Now Loading...

「iPhone & iPad アプリランキング」は、最新かつ詳細なアプリ情報をご紹介しているサイトです。 お探しのアプリに出会えるように様々な切り口でページをご用意しております。
メニュー」よりぜひアプリ探しにお役立て下さい。

  コンタクト   プライバシーポリシー

Presents by $$308413110    スマホからのアクセスにはQRコードをご活用ください。 →

Now loading...screenshot
→スマホ版はこちらからアクセス!